輸入住宅は日本の気候にもピッタリ

バナー

輸入住宅は日本の気候にもピッタリ

輸入住宅は一般的に北欧や北米の住宅規格を満たした高気密住宅である場合が多いです。

日本の住宅は、古くからあまり気密性を重視した作りとはなっていませんでした。
あの吉田兼好が「住まいは夏を旨とすべし」と表現したほど、冬の断熱については考慮されず、家の中は冬は寒いものとして室内では厚着をして暖を取るというスタイルが一般的でした。

しかしこのようなことを聞いたことはないでしょうか。
「北海道では冬にアイスクリームの売上が伸び、家の中では半袖で過ごしてる」という話です。

実はこれは誇張ではなく、本当のことなのです。

初めてでもわかりやすい、ニューヨークスタイルの磐田の輸入住宅をわかりやすく説明しています。

それは北海道の住宅は高い気密性を保っており、室内の暖かい空気を外に逃さない構造となっているためです。
これは古来からの日本の住宅の形とは全く違う、北欧や北米からの輸入住宅に通じる考え方です。



つまり冬の寒さが厳しい地域においては、部屋そのものを暖め、それを逃がさないような工夫がされているということ。

輸入住宅も同じようなコンセプトを持って建てられています。

iemoの情報を要約した情報サイトです。

つまり輸入住宅は北海道レベルの寒さにも耐えうる構造であるということになります。

本州は北海道と比較すると暖かい地域とはいえ、冬の寒さが厳しいことには変わりありません。

むしろ冬季の室内平均気温は北海道のほうが日本で一番高いという統計データがあります。
冬の寒さを防ぎ快適に過ごすためには、輸入住宅が実現している断熱性能と気密性能が有効です。
北欧や北米で磨かれた高い性能は、北海道のみならず日本全体に快適な冬を提供してくれるでしょう。

Copyright (C) 2016 輸入住宅は日本の気候にもピッタリ All Rights Reserved.